生理痛、生理不順、更年期等に効果的な漢方薬は

MENU

女性特有のトラブル<生理痛、生理不順、更年期等>に効果的な漢方薬は

女性特有のトラブルに効果的な漢方薬を説明

生理痛や生理不順、更年期障害…。
女性特有のトラブルには、辛いものが多いですね。

 

厄介なことに、これらの症状には個人差があります。あまり症状に悩まされない人もいれば、重すぎて日常生活に支障を来すレベルの人もいるのです。

 

そんな辛い症状たち、できれば軽減していきたいと考えている人は多いはず。そこで近年注目されているのが漢方薬です。

 

ここでは、女性特有の症状にオススメな漢方薬をご紹介していきましょう。

生理痛にオススメな5つの漢方薬

生理痛に良い漢方薬と言っても、どんな症状が出ているかによって使われるものは異なります。基本的に、次の5つが主に使われている漢方薬です。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

元々虚弱体質で、貧血がひどい…という人にオススメなのが、この漢方薬。
不足している血を補ってくれる効果を期待できるため、妊娠時にも良いとされています。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

生理時の症状で、特にイライラや疲労、肩こりがひどい人にオススメです。
自律神経に働きかけてくれるため、ストレス解消にも効果を期待できます。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

ある程度体力がある上で、下腹部痛や下腹部の張りに悩まされている場合にオススメしたい漢方薬です。体を温めて、ホルモンバランスを整える効果を期待できるでしょう。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

体力が十分にある女性で、特に便秘や高血圧の症状が出やすい人にオススメです。

温経湯(うんけいとう)

生理の時に体が冷えやすい人にオススメです。体を温めてくれるので血流や気の流れを促進する効果を期待できるでしょう。また、排卵障害でもオススメの漢方と言われています。

 

生理不順にオススメな漢方薬は?

生理不順が起きている場合にオススメな漢方薬として、
生理痛に効果的なものとしても紹介したものも含めた、下記3つの漢方薬が挙げられます。

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)

基本的に生理の周期が遅くなりがちな人には、当帰芍薬散が良いと言われており、
反対に、周期が早くなりがちな人には、十全大補湯がオススメです。

 

更年期障害に良い漢方薬について

生理痛や生理不順にも良いとされている「当帰芍薬散」と「加味逍遥散」は、
更年期障害の改善にも効果を期待できるとされています。
他にも、次の3つが更年期障害の改善に使われている主な漢方薬です。

桂枝茯苓丸(けいしふくりょうがん)

更年期障害によって起こるほてりやのぼせ、めまい、冷え性に効果を期待できます。
また、ニキビやシミ対策としても良いため、アンチエイジングにも役立てられるでしょう。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

更年期障害の症状の1つに、胃のむかつきがあります。
この症状を改善してくれると言われているのが、半夏厚朴湯です。

温清飲(うんせいいん)

更年期障害によって起こる症状全てに対して、効果を期待できると言われている漢方薬です。
もし、様々な症状に悩まされているのであれば、温清飲を試してみると良いでしょう。

 

 

このように、女性特有の症状にオススメな漢方薬は色々あります。
具体的にどんな症状が出ているのかによって、オススメの漢方薬も変わってきますので、
まずは自分にどのような症状が起こっているのかを把握してみましょう。

 

TOPページへ戻る