高麗人参で肝臓や腎臓の機能を高める

MENU

高麗人参で肝臓や腎臓の機能を高めよう

高麗人参には、肝臓や腎臓の機能を向上させる効果もあります。肝臓や腎臓と言われるとあまり普段気にしていない臓器だ、と感じませんか?お酒を飲む人は、肝臓を気にしたりしているかもしれませんが、腎臓はなかなか気にして生活している人も少ないのではないでしょうか。

 

どちらの臓器も私達が生きていく上では欠かせないものです。高麗人参はこの2つの臓器に、どのように働くのでしょうか。

肝臓への効果

肝臓

肝臓はお酒を飲む人が負担を与える臓器、というイメージがあるかもしれませんが、何もお酒に含まれているアルコールを分解することだけが肝臓の仕事ではありません。

 

肝臓は、体内に入った毒物を解毒したり、人が動くためのエネルギーを生み出したりする役目を持つとても大切な臓器です。

 

基本的にタフですが、タフであるからこそ弱っていることに気付きづらいという面を持ち、おかしいな、と思ったときにはもう手遅れ、ということがよくある臓器でもあります。

 

日々働き詰めの肝臓、これに効くのが高麗人参です。高麗人参に含まれている人参サポニンには、肝機能を向上させてアルコールの分解を促進する、という効果を持っています。アルコールの分解を早くするので、アルコールが脂肪を作り出すことも抑制し、脂肪肝を防止することもできるのです。

 

また、肝臓の細胞を攻撃する活性酸素から肝臓を保護し、薬などによって障害を起こしてしまった肝臓の回復も手助けしてくれます。肝臓が弱った人に、高麗人参はうってつけなのです。

 

腎臓への効果

腎臓

腎臓は体内の老廃物を尿として排出するはたらきを持つだけでなく、血液の浄化も行う臓器です。血圧の調整機能などもある腎臓、あまり意識したことはないかもしれませんが、実はとても重要な臓器なのです。

 

この腎臓の機能が低下してしまうと、体内の老廃物が排出されずに蓄積されてしまいます。活性酸素も増えて、これが血清メチルグアニジンという成分を生成し、腎不全などを引き起こしてしまいます。

 

放置するとどんどん進行してしまう腎臓病、そればかりか一度腎臓は悪くなるとそれ以上良くなることがなく現状維持するしかないとさえ言われているのです

 

高麗人参には、血清メチルグアニジンの生成を抑える効果が認められていて、これによって腎臓病の進行の抑制ができると言われています。さらに人参サポニンはストレスから身体を強くしてくれるので、腎臓へかかる負担も減らすことができます。

 

さらに腎臓を気にかけるなら、血流を良くしておくことも大切になります。高麗人参には、血流の改善効果もあるので腎臓病予防にとても有効なのです。

 

このように、高麗人参は人体においてとても重要な臓器である肝臓や腎臓にも非常に良い効果があるのです。身体を大切にしたいと思うなら、ぜひ高麗人参を試してみましょう。

 

⇒高麗人参サプリメントのおすすめランキングへ