花粉症の改善に効果的な漢方薬

MENU

花粉症の改善に効果的な漢方薬とは

花粉症に効果的な漢方薬を説明する医師

様々な花粉によって起こるアレルギー症状に悩まされている人は多いでしょう。

 

代表的なスギ花粉をはじめとして、ヒノキ、ブタクサ、イネ科、よもぎ、マツなどがあります。特に、いくつもの花粉アレルギーを併発している場合、1年を通して症状に悩まされることになるので、非常に大変ですね。

 

このような花粉症によるアレルギー症状、重くなれば日常生活に支障を来す可能性もあります。

 

「でも、薬を飲んでいるのに全く効果が期待できない…」

 

そんなお悩みを抱えていませんか?
そこでおすすめなのが、漢方薬を使って花粉症対策をしていくという方法です。
それでは、漢方薬での花粉症対策について、ここでお話していきましょう。

花粉症にはどんな漢方薬がいいのか?

花粉症に悩まされている人にオススメしたい漢方薬をご紹介しましょう。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

特に鼻炎が目立つ花粉症にオススメと言われているのが、この小青竜湯です。くしゃみや鼻水といった症状を緩和させる効果を期待できる他、体を温めてくれます。そのため、風邪の治療薬としても使用されているのです。また、体を温める効果を期待できることから冷え性の人にもオススメされています。

 

とにかく鼻水が酷くて辛い、くしゃみが出てイライラする…といった症状に悩まされている人は、こちらを試してみることをオススメします。

天津感冒片(てんしんかぼうへん)

鼻水の他に、目の充血や喉の痛みにも効果が期待できると言われています。花粉症は鼻水やくしゃみの症状が出やすいですが、中にはこれらの症状よりも目の充血やのどの痛みに悩まされる人もいるでしょう。鼻水よりもこちらの症状が重くて辛い…という場合にオススメです。

 

ちなみに、天津感冒片の他に涼解楽(りょうかいらく)という漢方薬もあります。これも、天津感冒片と同じ効果を期待できるので、自分に合ったものを選びましょう。

鼻淵丸(びえんがん)

とにかく鼻水が辛い…。
鼻づまりが酷くて呼吸するのも苦しい…。
鼻水が原因で頭重がする…。

 

このように、鼻の症状が特に重い場合にオススメしたいのが、鼻淵丸です。蓄膿症の治療薬としても使用されているほど、鼻の症状に特化された漢方薬と言われています。鼻以外に症状はなく、鼻水がとにかく辛いという人は、こちらの漢方薬を試されてみると良いでしょう。

スギの少ない地域でも注意が必要

北海道などはスギが少ない地域であるため、他の地域に比べると花粉症に悩む人が少ないと言われています。しかし、だからといって油断は禁物です。北海道の場合、イネ科やシラカバの花粉が多いので、これらの花粉に対してアレルギー反応が起こる可能性もあります。

 

特に風邪などをひいているわけではないのに、鼻炎の症状や目の充血・かゆみ、咳やのどの痛みが日常的に起こっている…という場合は、早めにアレルギー科などで診断を受けるようにしましょう。そして、自分の症状に合った漢方薬での治療を進めてみてくださいね。

 

 

漢方薬での治療は効果が期待出来なさそう…と考えている人も多いです。確かに、漢方薬は西洋薬と違って体内環境を改善させることで、症状に対抗していくことを目的にしているため、体内環境が整うまでに時間がかかります。

 

しかし、天然由来の薬草などが主として使われているため、西洋薬に比べると体に負担をかけにくいのです。時間はかかりますが、根本から改善をしていくためにも、漢方薬を使った対策をしてみてはいかがでしょうか?

 

TOPページへ戻る